大森歯科大学

大阪市中央区本町 大森歯科医院
     院長のブログ
 〜明日の夢ある歯科を語る〜
イタリア学会参加
 

みなさん、こんにちは。

 

6月初旬にイタリアはPadovaという町で、インプラントの学会に参加してきました。

 

 

 

イタリアのインプラントメーカー主催の学会で、おもにイタリアの先生方ですが1300人くらい参加されていました。


 

なによりも驚いたのは、学会場が遺産に指定されている建物で行われたことです。

 

レッッジョーネと呼ばれる建物でした。





壁面にはフレスコ画が一面に書かれており、天井は木製の凸型の屋根でした。

 

外では常設の活気ある市場が施設され、市民が日用品や食料品をかいに来ていました。


 

昼食はこれまた遺産に指定されている、カフェ・ペドロッキというカフェでとる形になっていました。




 

向かいにはゲーテを輩出した名門大学であるパドバ大学があり、医学部の学生たちが町でもよく見かけました。

 

さすがイタリア。

 

 

 

さてそろそろ本題の学会内容に移りましょう(笑)。

 

 

最初は歯周病学・インプラント学の権威であるP. Niklaus Lang先生や、Botticelli先生の講演があり、また、歯周再生療法の権威であるCortellini先生の講義もありました。

 

昼からは臨床家(開業医)の先生方の講演がありました。

 

二日目は日本から千葉で開業されている飯島先生、青森で開業されている梅原一浩先生の講演がありました。





 

お二人の講演内容は世界的にもレベルが高く、聴衆からは大きな拍手を受けておられました。

 

また私もこのような場で発表できることを願って日々の臨床に精進しようと思っています。

 

 

 

もう一つ、今回のイタリア訪問の目的は、先述した世界的権威の先生と打ち合わせをすることでした。

 

これは来年から始まるプロジェクトの打ち合わせ会議です。



 

詳細は割愛しますが、世界的に引用される研究を、イタリア・スペイン・ブラジル・香港・日本などで行うのです。

 

 

いつもお世話になっている先生からそのお話をいただきましたが、とても光栄なことで、また、とても貴重なチャンスだと認識しています。

 

いまだ日本人が成しえなかった研究を、世界のトップの海外の先生と合同で行えるのです。

 

 


私はずっとそれを望んでいました。

 

 

日本の歯科界のレベルを上げていくためには、

 

1、大学教育に臨床家が携わること

2、臨床家が研究をおこなうこと

3、日本人が海外で活躍すること

 

であると、ずっと以前から考えていました。

 

 


それらすべてを突破する糸口となりうるチャンスなのです。

 

 


ぜひこのプロジェクトを成功させ、日本人が世界に出て活躍し、世界とコネクションを持ち、日本の歯科界のレベルアップに寄与した行きたいと思います。

 

 


今回は非常に実のあるイタリア訪問でした。


〜イタリア ベネチア空港より〜

18:20 | - | - | - | pookmark
韓国での合同勉強会
 

みなさん、こんにちは。

 

先日韓国はソウルで、韓国の先生方と勉強会を開きました。


 

昨年、師匠の本多先生と一緒に韓国で講義をした時に知り合った先生と、その後連絡を取り合って実現しました。


 

 

日本からは本多先生の勉強会(古希の会)のメンバーと大森塾のメンバーの合同チームで行きました。

 

韓国の先生がたはSKCDという勉強会のメンバーの中から有志が集まってらっしゃいました。


 

 

勉強会は大成功でした。


 

 

同じ本多先生に学んだ者として同じ考えを根本に持っているおかげで、非常に充実したディスカッションができました。

 

 

 

それぞれの国から4名の先生方の発表とディスカッション、そして私と韓国側の責任者であるChoi先生がミニレクチャーを行いました。

 

ちなみに両国8名の発表の座長はすべて私がしました(笑)。

 

 

 

発表の形式は、口頭では母国語で、スライドは英語表記で、そしてサイドスライドにはセリフが相手国語に翻訳された字幕を載せるというスタイルで行いました。


 

字幕形式にすることで、逐次通訳とタイムロスを無くすことができ、時間を有意義に使うことができました。

 

そして英語表記にすることで、発表者は自然と歯科英語を学ぶことができるようにしました。

 

 

今回の発表内容のクオリティは非常に高く、みなとても勉強になりました。

 

また、ディスカッションポイントもたくさんあり、ぜんぜん時間が足りませんでした。

 

とても充実した時間でした。

 

 

今回はディスカッション時の通訳を務めてくれたのは、本多歯科で修業をしているJang君でした。


 

彼は韓国の技工士ですが、日本に来て3年、とうとう日本語検定の1級を取得し、日本の技工士免許を取得しました。

 

私の嬉しい誤算だったのですが、彼の翻訳力がとても素晴らしかったのです!

 

両国語の歯科用語を理解しており、治療内容を理解しているおかげで、的確な表現で翻訳をしてくれていた(よう)です。

 

 

そして同じく今回の世話や通訳をつとめてくれたのは、韓国で衛生士として活躍されている水谷さんでした。

 

歯科専門用語はそこまで理解されてはいませんでしたが、彼女はChoi先生のところで勤務しているのもあり、韓国の先生方とのコミュニケーションを的確かつスムーズに進めてくれました。

 

 

このお二人が宴会の時の話がとても感動したので書かせていただきます。

水谷さんが、なかなか韓国語が上達しないことをJang君に話したそうです。

そしたらJang君が言った言葉が

 

「寝る時間があったら、勉強したほうが良いですよ」

 

でした。

 

本当にそう願うのなら、そうなりたいのなら、努力をするべきだ。

そうすれば目標が叶えられ、なりたい自分になれる ということだと理解しました。

 

 

この話を聞いて私は背筋がゾクっとしました。

 

 

10数年前、私が周りの人達に無謀だからやめろと言われたけれども、どうしても世界の歯科事情を見たくて単身アメリカに乗り込んだときのあの感覚を懐かしさとともに思い出しました。

 

 

「ああ、あの時の自分は、今よりもっとがむしゃらだったな。」

 

 

そうしたら今とても忙しくいろんなことにチャレンジして、充実した日々を送ってはいますが、

もっとクリエイティブでもっとがむしゃらでないといけないと思いました。

 

 

今回のコンセプトは


1、
Friendly Rivalを作ること : 本多先生がいつもおっしゃる、切磋琢磨するかけがえのない仲間 を作ること


2、各国の歯科界を牽引する次世代のリーダーを育成すること: 私自身がまだまだですが、良い師匠に教わったことを次世代に伝えることができる人間を育てる機会にする。


3、世界に出ること : 異国の文化や言語に慣れる機会にすること

でした。

 

これらはすべて成功だったと思います。


 

 

また来年は大阪で開催することを約束しましたが、今後もこのような機会を作っていこうと思います。

01:16 | - | - | - | pookmark
遠方からの患者さん
 みなさん、こんにちは。大森です。



1年前くらいから、ご紹介で遠方から来られる患者さんが増えました。

 

今通ってらっしゃる患者さんのご家族や、歯科関係の方からのご紹介で来られています。


 
兵庫・奈良・京都・和歌山などの近隣の府県はもちろんのことながら、

東京や海外からも当院に通っていただいています。



普通、ご近所の歯科医院に通われるのではないでしょうか。

便利ですので。



しかし信頼のおける・技術の確かな・任せられる かかりつけ医はそうそういないと思います。




大学を卒業して2年目の時にアメリカに渡りました。


その時にお世話になったドクターが私に言ったのは、

「あなたは都会のど真ん中で開業しなさい。歯に対する意識が高く、よりハイレベルな治療を希望されるひとがそこにはいるからだ」と。



その言葉通り、大阪の都会のど真ん中で開業しました。



おなじく私が考えていたのは、東西南北の遠方から来られる患者さん方が、

来やすいアクセスの良い場所でなければならないということでした。



開業して7年過ぎて、本当にここに構えて良かったと改めて感じています。



今後も、患者さん方の一生の歯の健康を、責任を持ってみていこうと思います。
17:00 | - | - | - | pookmark
大森塾 年次大会
 みなさん こんにちは。大森です。


昨日、大阪国際会議場(グランキューブ)で、私が主宰を務める勉強会の年次大会が行われました。

多数の歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士さん方にご参加いただき、ありがとうございました。




大森塾は、正しい歯科の情報を歯科医師や歯科に携わる仕事の方々に

大学や学校では教わることのなかった、できるだけ正しい情報を提供する場として、

3年前から行っている勉強会です。

現在は200名以上の歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士の方々にご参加いただいております。


勉強会は月に2回行っているのですが、

昨日はその年次大会を行いました。




今回はゲストスピーカーとして、ITIフェローの中島康先生にご講演いただきました。



中島先生の歯科医師人生や、インプラント治療を安心安全に行うためのポイントなどをお話しいただきました。

また大森との対談では、世界の歯科事情や、世界でどのように勉強したり情報を仕入れたりすればいいのかも、楽しくお伝えいただきました。



最後は私から「原因追求がもたらす、良質な歯科医療」と題して、対症療法を繰り返さず、

個々の患者さんに対して、「なぜその病気になったのか」「なぜトラブルに見舞われたのか」という

根本の原因を考えることによって、失敗のない・確実な治療やメインテナンスが行える、といった内容をお話しさせていただきました。





会員の先生方にもご発表いただきましたが、非常に活気のある会で、

成功裏に終えることができました。


また今後もこのような場を作っていきたいと思います。

そして日本の歯科界ひいては歯科の発展に寄与できればと思います。


06:30 | - | - | - | pookmark
韓国での講演
 みなさんこんにちは。



11月の24・25日に韓国で講演してきました。



私が所属する勉強会であるSJCDの姉妹勉強会であるSKCDで講演してきました。

(SKCD=Society of Korean Clinical Dentistry)




彼らはとても熱心で、とても感動しました。




日本は情報が溢れすぎています。

ですので右往左往してるDrが沢山います。




しかし大切なのは、歯科の仕事に対する情熱だと思います。


自分の仕事に誇りを持ち、自分の使命感を持ち、自分の仕事を楽しいと思うことが大切だと思います。




それを今回の講演で、再確認しました。





今後も、後輩たちに世界への道を与え、そのPureな情熱を伝えていきたいと思います。



〜韓国Seoulより〜
01:27 | - | - | - | pookmark

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--