大森歯科大学

大阪市中央区本町 大森歯科医院
     院長のブログ
 〜明日の夢ある歯科を語る〜
<< 山田敏郎先生5 | TOP | 最近の忙しさ・・・・ >>
山田敏郎先生6
私が初めて講演するにあたって山田先生とやり取りしたEメールの内容を掲載します。 



山田 敏郎 先生

 

ご無沙汰しております。大森です。

 

先生にご報告したいことがあってEメールさせていただきました。

 

先日、ストローマンジャパンから講演の依頼がありました。

本多先生に相談したところ、「何でも経験だから、やりなさい」とおっしゃっていただけたので、受けることにしました。

 

そのパンフレットを送らせていただきます。

 

講演自体が初めてですので、緊張しながらも楽しく準備をしています。

今後につながるよい講演にできればと思っています。

先生は以前からノーベルバイオケアの講演をされていらっしゃるので、ぜひ、そのご経験を含めてアドバイスを頂けたら幸いです。

 

歯科医師になって10年、先生にお世話になって8年が経ちます。

講演の依頼が来たことは、今まで自分のやってきたことが間違っていなかったことを表してると思うと、嬉しく思います。

今後ますます多くの先生に教えていただいたことを、多くの人に伝えていけたらいいなと思います。

 

どうぞこれからもご教授のほど宜しくお願いします。

 

では、取り急ぎご報告まで。

 

大森歯科医院 大森有樹





大森先生
 
今度 講演をなさるとのこと 非常に嬉しく思います。人に話すということは自分の仕事により責任を持ってできる限りより完璧にするということを人に宣言することだと思いますので、これからますます 大森先生の誠実な仕事振りに 磨きがかかって行くことだと思います。本当に嬉しく思います。 私が 過去を振り返って もう少しこうすれば良かったと思うことがあるとすれば 必ず、どの症例においても 術前の写真を なるべく完璧に撮っておくべきだったと思うことです。 仕上がったときは気持ちの上でも余裕があり結構いい写真を撮るものですが 術前の場合は意外と雑にとっている事が多く、後で発表できるのような いい症例に仕上がっても 術前の記録が完璧ではなく発表できないことが 特に昔は良く在りました。
実際、毎日の忙しい中 写真をとることは とても時間をとられます。 しかし、術前も、治療経過のものであっても 完成時であっても 良い写真がその症例を判断されるのに 大きな役割をもっていることは 先生もお分かりだと思います。ですから、アシスタントなりを 徹底的に写真をとることを訓練してなるべく治療時間の無駄をなくすことが 理想的だと思いました。
 
あまり、大して役に立たないかもしれませんが 大森先生の 今後のいっそうのご活躍をお祈りしています。
 
 
山田敏郎




山田敏郎 先生

 

いつもお世話になっております。大森です。

先日講演してまいりました、Straumann Refresh Course のご報告をさせていただきます。

 

初めての講演にふさわしく、小さい会場の少人数(20人弱)の会でした。

緊張はしていなかったのですが、さすがに2時間半しゃべると、疲れました。

休憩中・終了後は質問が相次ぎ、最中もメモをとってくれていたりと反応も上々でした。

ストローマンの方にも、初心者から年間200本埋入している先生まで、幅広く聞ける内容だったと言っていただけました。

 

僕はまだ大した症例も持っていませんが、それでも講演を依頼していただき、そして認めてくださったことが、少なくとも自分が進んできた道が間違っていなかったと確信でき、僕自身嬉しく思っております。

 

今回は先生の許可を得ずに、以前より大変お世話になっていると、山田先生のお名前を講演中に挙げさせていただきました。

申し訳ありませんでした。しかし僕は先生に教わっていることを誇りに思っていますので、できればこれからも皆に伝えたいのですがよろしいでしょうか?

 

この経験を活かして、お世話になっている先生方の名を汚さぬように、これからも努力していきたいと思います。

どうぞご指導をよろしくお願いします。

 

では、ご報告まで。

 

大森歯科医院 大森有樹




 

大森先生
 
講演おつかれさまです。
いよいよ これから 大森先生の輝かしいキャリアが始まるという感じを受けていると思いますが、実は 最初の患者さんを診たときに今の大森先生の現在、未来が予測できていたと私は思っています。
最初にアメリカに来られてお会いしたときに 何よりも患者さんのBenefitを 最初に考える先生だと直感しました。 それで 私も陰乍ら 応援したいと思ったのを今でも覚えています。
技術的にもこれからますます 研鑽を詰まれてより高度の治療をなさっていくことと思いますが 一番大事なこと、全ては 患者さんのために 私たちは訓練を受け、共に成長していくものだという認識を忘れないでください
 
これからも 色々と悩み また苦しいこともあると思いますが 奥様のように 明るく理解のある方と一緒ですので 歯科医の仕事を天職と確信してこれからも頑張ってください。
おめでとうございました。
 
山田敏郎
 









22:10 | - | - | - | pookmark

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--