大森歯科大学

大阪市中央区本町 大森歯科医院
     院長のブログ
 〜明日の夢ある歯科を語る〜
<< インプラントアシスタントセミナー第2回 | TOP | 山田敏郎 先生 >>
インプラントアシスタント アドバンスセミナー
 みなさんこんにちは。大森です。


先日、インプラントアシスタントセミナーのアドバンス版を開催しました。

私と当院の衛生士の正木とで講義を行いました。


いつもバックアップしていただいている、
スイスのインプラントメーカーであるStraumann社の主催でした。


 
受講生は定員を上回る人数で、とても活気のあるセミナーとなりました。



今回の内容は、インプラントセミナーらしからぬ、

ぺリオ(歯周病)のコントロール
ブラッシングの重要性
咬合を主とする力のコントロール
補綴のトラブル など

多岐にわたります。







これは私のチャレンジなのです。

インプラント治療は、歯の治療の一方法にすぎないのです

歯を治し、健康を長期に維持安定するためには、多岐にわたる知識や技術が

必要となります。



どうしてもインプラント治療がもてはやされ、

“インプラント治療のためのインプラント治療” 

が巷で行われてしまっています。



そうではなくで、

口腔内の健康を回復し長期的に維持安定するための
 インプラント治療


でなければなりません。



ですので、インプラントセミナーの機会を利用し、

皆さんの多岐にわたる知識の向上を図っているのです。


もちろんそれらの知識はインプラント治療の成功と長期安定を導きます。




すでに4回目になりましたインプラントアシスタントセミナーですが、

多くのスタッフの方々と、ドクターの方々に参加していただきました。


これからもこのセミナーを通じて、インプラント治療の素晴らしさと、

そのインプラント治療を成功に導き長期に安定させることができるように、

チームアプローチ(歯科医師・衛生士・技工士・助手たちが連携をすること)

マルディシプリナリーアプローチ(多岐にわたる知識技術の連携)の重要性を

伝えていきたいと思います。

13:05 | - | - | - | pookmark

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--