大森歯科大学

大阪市中央区本町 大森歯科医院
     院長のブログ
 〜明日の夢ある歯科を語る〜
<< ITI Symposium in スイス | TOP | 九州歯科大学インプラント科 講演2 >>
大学での講演
 みなさんこんにちは。大森です。


先日、母校である九州歯科大学(北九州市)で講演をしてきました。




今回は、インプラント科での講演です。

インプラント科の教授である細川隆司先生から、セミナー依頼をいただきました。



細川教授は、大学の教授でありながら、一般開業医の臨床歯科もよく理解しておられ、

大学と一般開業医の良いところを併せ持つ、たいへんすばらしい先生です。

そして補綴科の教授でもいらっしゃるので、補綴主導型で、かつ、咬合も考慮したインプラント治療を

される、大学のインプラント科としては珍しい先生でもあります。




私はこの細川先生・九州歯科大学インプラント科の考え方にたいへん共感します。



周りの歯がどういう状態で・どのくらいもつのか、とか、

アンテリアガイダンス(前歯のかみ合わせの良さ)を評価したりとか、

総合的にインプラント前の診査診断をする
からです。




本来、インプラントをする前には必要なことなのですが、

日本の多くの歯科医院では、「穴があったら入れておこう」というように、

歯のないところがあったらインプラントを入れる治療をします



それはまさに、木を見て森を見ずの治療です。



しかし重要なのは、インプラント治療をすることではなく、

インプラントを用いてどのように口腔内の健康・快適・長期安定性が得られるかなのです






そのような、本来必要かつ重要なことを、きっちりと行っている教室での発表だったので、

とても遣り甲斐がありました。


医局の先生方の参考になったかどうかは、定かではありませんが・・・・・。



今回の講演では、いろいろなご意見やご質問も頂けたので、

私自身、とても勉強になりました。


よい経験をさせていただきました。




これからも、インプラントの正しい情報を発信していきたいと思います。






17:09 | - | - | - | pookmark

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--