大森歯科大学

大阪市中央区本町 大森歯科医院
     院長のブログ
 〜明日の夢ある歯科を語る〜
<< 最後の歯科医院 | TOP | 大学での講演 >>
ITI Symposium in スイス

 みなさんこんにちは。


先日スイスのジュネーブで行われた、ITI World Symposium 2010 に参加してきました。

世界中から4000人以上の歯科医師・歯科関係者が集まりました。






ITIはInternational Team of Implantlogy の略で、日本語では国際インプラント研究チームとでも訳すのでしょうか。
インプラントに関する勉強会でもあり、研究チームでもあり、学会でもあります。






シンポジウム自体は、新しいこと・確認したこと、さまざまな情報を仕入れることができました。


また、沢山の歯科医師の先生方と知り合うことができ、そこからもさまざまな情報が得られました。







シンポジウム自体はとても良かったんですが・・・・・・。

みなさん御存じだと思いますが、ちょうどこのときアイスランドの火山が噴火したのです。



(これはアイスランドの演者が出したスライドです)


噴火の火山灰が上空5000メートル付近に漂い、ヨーロッパ各国に広がったのです。

火山灰は飛行機のエンジンを故障させるために、飛行機を飛ばすことができなくなります。



前代未聞の事態だそうです。

学会中にヨーロッパ各国の空港が閉鎖されました。


このままジュネーブに残っていても、帰国できる可能性が低いということで、

学会最終日の夜2時にチャーターしたバスで、フランクフルトへ8時間かけて移動しました。



フランクフルトは待機飛行機が沢山あるために、開港とともにすぐ帰れる可能性が高いそうです。


朝から空っぽの空港に向かい、Wating Listに載せてもらいました。



一週間で帰れるのか、一か月かかるのか・・・・・。

皆とても不安な状態でした。

ホテルを確保するのも難しく、フランクフルトのホテルも一日で追い出されました。




しかし結果的には、2日遅れで帰ることができました。


開港とともに空港に向かい、まあ今日は駄目だろうという感じでキャンセル待ちをしていましたが、

乗れました。ホテルのカードキーをポケットに入れたままでした。




キャンセル待ちの人はほとんど乗れたようです。

なにはともあれ、帰ることができてよかったです。


日本人の中には、ルーマニアやスペインやロシアに向かった人もいたそうです。

我々より遅かった人も結構いたようです。



帰れたので言えますが、貴重な経験をしました。

シンポジウムも噴火も、一生忘れることはないでしょう。



中島先生、佐藤先生、安藤先生をはじめとするTeam Volcanoの先生方、
ありがとうございました!
ついでに写真もいただきました!

16:25 | - | - | - | pookmark

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--