大森歯科大学

大阪市中央区本町 大森歯科医院
     院長のブログ
 〜明日の夢ある歯科を語る〜
<< 前歯 審美修復 | TOP | 器具のお手入れ >>
診療に欠かせないもの  〜カメラ〜
みなさん こんにちは
お盆をすぎて、急に暑さが引いてきた感があります
このまま秋に突入でしょうか



今日は、日頃から相棒として活躍してくれているカメラについてお話したいと思います


大森歯科医院には、2台の 『 診療用のカメラ 』 があります

治療途中のお口の中を記録しておくため
かぶせ物を作るときに歯の形や微妙な色合いをみるため
治療が終わった方の素敵なスマイルをとるため
院内で使う写真入りの資料をつくるため
頑張って仕事をしているスタッフの姿を残しておくため・・・


カメラは毎日何度となく出動させています
きっと「もう何回も写真をとったよ」とおっしゃる患者さんも
いらっしゃることでしょう


診療で使うカメラは、一般的に使われているカメラとは少し違い、
例えば
接写ができるようになっていたり、
より微妙な歯の色が写真上で再現できるようになっていたり
お口の奥の光が届きにくいところもはっきりと写せるようになっていたり
といろんな工夫がされています


歯科用カメラも沢山のメーカーから発売されており
それぞれに、特色があります


お口全体を写すのが優れているもの
赤色が強いもの、白が強いもの
軽いもの(普通はとても大きく、片手で持つのは大変なのです!)
デジタル・フイルムの利点・欠点

それらの中からバランスのとれた2つを購入し選びながら使っています


治療の質を高めるためには、カメラの種類だけでなく
いつも正確に決められた規格で写真を撮れる技術が必要です
ですから、大森歯科医院では院長はもちろん、
全スタッフが日頃から写真を撮る訓練をしています
これからも、<その時>の皆様を正確に、鮮やかに写真の中に残せるよう
もっと腕を磨いていきたいと思います


皆さんも、恥ずかしいなんて思わずに
いつか写真を撮らせていただく時は
最高のスマイルをしてください!
23:25 | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://omori-dent.jugem.jp/trackback/36
トラックバック

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--